「Error 503 Backend fetch failed」というエラーについて

・エックスサーバーの「wpXレンタルサーバー」
・ネットオウルの「WPblog」

この2つのサービスの場合、サーバー側の「Varnish cache server」が出しているエラーのようです。
サーバー側の問題なので、こちら側ができることはありません。

How to Fix and solve this error “Error 503 Backend fetch failed” ? – Netbuzz

ただし、Jetpack関連の場合は回避方法があるようです

Jetpack

WPblogではVarnish cache serverが動いている。どうやらこのあたりが原因のようだ。
WordPress4.3.1でもVarnishのエラーが発生している。WordPress4.4ではエラー表示がない。



とにかく、WordPress4.3.1でJetpackを連携させた後にWordPress4.4にアップデートするしかない。
他のプラグインやテーマの設定内容はデータベースに記録されている。当然ながらJetpackの連携情報もデータ


※2015-12-19
JetpackがWordPress.comと連携可能になっていた。
おそらくは、xmlrpc.phpへのアクセス時にはキャッシュ無効な状態に設定したと思われる。

先日、Jetpackがアップデートされたが、キャッシュを有効化したままの実験環境では、まだxml_rpc-32700が表示されている。
つまりは、Jetpack側が対応したのではなくてwpblog.jp側が対応した。
WordPress4.4+Jetpackでxml_rpc-32700エラー | 暗中模索


参考

WPblogでは、レスポンスを高速化するために「Varnish cache server」というキャッシュ機能が動作しています。2度目以降のアクセスはキャッシュデータが返されるため、スクリプトは実行されません。
WPblogのサーバー性能を評価して、他のレンタルサーバーと比較してみよう


WordPressのパフォーマンスの向上というとキャッシュプラグインが最も一般的な方法ですが、wpXは、WordPress専門のホスティングサービスということで、最初から独自のリバースプロキシー(独自と宣伝していますが、有名なプロキシーサーバーのVarnish Cacheです)で、ユーザーからキャッシュにまつわる煩わしい問題を取り除き、且つパフォーマンスの向上を提供しています。
ロリポップからwpXへWordPressの引っ越しに関するトラブルシューティング | real.ty


事例

【サーバー】ネットオウルの無料WordPressサービスwpblogで「Error 503 Backend fetch failed」が出たら | Knowledge Base

関連のある記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。