モジュール版PHPのレンタルサーバーは、速いのか?!

月額DBPHPの動作PHPのバージョンAPC/OPcache
ミニバード250円5個FastCGI7.05.6も利用可
バリューサーバー
エコ
334円無制限モジュール版5.6CGIなら7.0も可
さくらのレンタルサーバ
スタンダード
477円20個CGI5.6/7.1-
ロリポップ!
スタンダード
500円30個モジュール版5.6
エックスサーバー
x10
1,000円50個FastCGI7.05.6も利用可

※税抜、月額は1年利用時(2016/08/16現在)

参考:
サポートマニュアル /格安・大容量レンタルサーバーのミニバード
料金・プラン | VALUE SERVER バリューサーバー
【さくらのレンタルサーバ】基本仕様|さくらインターネット公式サポートサイト
CGI・SSI・PHP・SENDMAILについて / ホームページ / マニュアル - レンタルサーバーならロリポップ!
PHPのバージョンについて | レンタルサーバー【エックスサーバー】

表にまとめてみました。
モジュール版PHPや、PHP7は確かにサーバー負荷をさげますが、最終的にレンタルサーバーに詰め込んでいる人数とかサーバー性能との兼ね合いになるかと思います。

・CGI<FastCGI<モジュール版PHP
・PHP5.6<PHP7.0
・APC/OPcacheなし<あり

サーバー負荷という観点では上記のようになるかとは思います。

Wordpressを運用する場合は特に、同時アクセス時の負荷軽減を考えたほうが良いかと思います。そういう観点でも上記の式は成り立ちます。PHP7は結構早い気が個人的にはしますが、Wordpressの一部のプラグインが対応してない場合がありそういう場合の対応は難しい場合があろうとは思います。

APC/OPcacheは、Wordpress利用時でもほとんどの場合なにも問題なく、また意識する必要がないようです。

ミニバードとバリューサーバー(スタンダード)を利用していますが、どちらも1日1万PV程度はこなせてはいます。Query Monitorで見る限りでは、なぜかミニバードの方が早い感じがします。

・ミニバード :PHP7(OPcacheあり)
・バリューサーバー(スタンダード):モジュール版PHP5.6(OPcacheあり)

ただ同時アクセス数とかの特性が分からないので何とも言えません。あと、DBの同時接続数の制限がおそらくどのレンタルサーバーにもあるので、その制限数次第でもWordpressの性能は変わってくるかとは思います。

さくらのレンタルサーバは一切使ったことがないので分かりませんが、他はやはり値段相応な感じはします。

補足

モジュール版PHP

当社ベンチマークテストにおいて、モジュール版PHPでは約37倍(※)の高速化を実現しています。同時アクセス数が増加し、通常高負荷によるアクセス遅延が発生するような状況においても、高速なレスポンスを維持し続けます。この安定した高速レスポンスは、大規模サイトであればあるほど実感いただけます。※同時アクセス数が1,000の場合。

ベンチマークテスト計測方法
・WordPress 4.3 を使用。
・特定のPHPスクリプトに同時接続数による負荷をかける。
・CGI版、モジュール版ともにアクセス元、サーバーは当社同一環境。
次世代ホスティングサービスを目指して。 - レンタルサーバーならロリポップ!


同時アクセス数が増えるほど、効果を発揮するようです。

FastCGI

「FastCGI」とは、プロセス初回実行時に該当プロセスを一定時間サーバー内に保持することで、次回以降、実行時の「プロセスの起動/終了」を省略し、 高速化や、プロセスの起動/終了に伴うCPUへの負荷を軽減することで、速度面で優れるとされるモジュール版PHPと同等の処理能力を持つ動作方式です。
FastCGIについて | レンタルサーバー【エックスサーバー】


1000円以下のレンタルサーバーでは、モジュール版もFastCGIもそう変わらない可能性があるかとは思います。

PHP7

PHP7 は、PHP5 に比べ2倍以上の実行速度を誇り、
メモリ使用量が大幅に改善されたPHPの最新バージョンです。
全アカウント対応、国内初!PHP5 の2倍以上の実行速度を誇る「PHP7」導入のお知らせ - 2015/12/09 | レンタルサーバー【エックスサーバー】


ミニバードでPHP7に切り替えてみましたが、2倍とはいかないけど、体感でも若干いいかなぁとは思います。

参考:ミニバードのWordpressをPHP7で動作させてみた

APC/OPcache

「APC」や「OPcache」とは、PHPの初回実行時に、PHPの内容を最適化した状態でキャッシュしておき、次回以降、 同じPHPにアクセスがあった際にキャッシュを利用することで、PHP実行時のCPU負荷の軽減や、PHPの大幅な高速化を図るPHPの拡張モジュールです。
全アカウント対応、国内初!PHP5 の2倍以上の実行速度を誇る「PHP7」導入のお知らせ - 2015/12/09 | レンタルサーバー【エックスサーバー】


バリューサーバーでこの機能をON/OFFしてみると、やっぱりONしてるほうが若干イイ感じかなぁとは思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。