XAMPPにWordPressをインストールする

手順の要約

1.phpAdminを使用して、データベースを作成する
2.c:\xampp\htdocsにWordpressの本体をコピーする
3.wp-config.phpにDB情報を書き込んで作成する
4.Wordpressを普通にセットアップする

実際にやってみた

1.phpAdminを使用して、データベースを作成する

phpAdminを起動します


wpdb utf8mb4_unicode_ci


参考:【WordPress】DBの文字コード utf8 と utf8mb4について

「wpdb」というデーターベースを作成します。
本当は、ユーザーも作成したほうが良いですが、今回はユーザー「root」をそのまま使うことにします。

2.c:\xampp\htdocsにWordpressの本体をコピーする
日本語 — WordPress

c:\xampp\htdocs直下に展開(解凍)したファイルをおきます。
最初からある「index.php、favicon.ico、bitnami.css、applications.html」はどこかに退避したほうがよいかと思います。

3.wp-config.phpにDB情報を書き込んで作成する
// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wpdb');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'root');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

wp-config-sample.phpをwp-config.phpにリネームします。そしてファイルの中身の一部を上記のように書き換えます。
これも、通常のWordpressのインストール手順と同じです。作成したデータベースの接続情報を上記に書きます。

4.Wordpressを普通にセットアップする

http://127.0.0.1/ にブラウザでアクセスすると、Wordpressのセットアップが始まります。

関連のある記事


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。