Really Simple SSLプラグイン【混在コンテンツ対策】

Really Simple SSL
No setup required! You only need an SSL certificate, and this plugin will do the rest.


ワンクリックで簡単にSSL化できるプラグインで、どうも巷では人気のようです。個人的には内部でなにをやってるのかわかりづらいので、ちょっとと思いますが・・。個人的には、SSL Insecure Content Fixerプラグインの方が良さそうに思えます。

参考:SSL Insecure Content Fixerプラグイン【混在コンテンツ対策】 – ブログ運営のためのブログカスタマイズ

設定


.htaccess ファイルの編集を中止する=>プラグインによる.htaccessの編集を中止
混在コンテンツを自動置き換え=>ページ内の画像などをhttpsに置き換え
JavaScript による SSL への転送を有効化=>.htaccessではなく、JavaScriptでhttpsへ転送
デバッグ =>デバッグを有効化
手間なくサイト全体を常時SSL化することができるWordPressプラグイン「Really Simple SSL」 | TechMemo


設定は上記引用先が簡潔でわかりやすく書かれてました。

自力でやること

一部の項目は自動実行できません。移行前に以下をご確認ください。
.css および .js ファイル内からの HTTP 参照: http:// をすべて // に変更してください
SSL 証明書のない画像やスタイルシート、スクリプト: 削除するか、自身のサーバーに移動してください。


このプラグインを有効化すると上記の警告が表示されます。
スタイルシートやjavascriptのファイル内のhttp://は確かに自動では難しそうですね。

参考になりそうなサイト

実際に、このプラグンはなにをしてくれるかですが、検索すると以下のようなものがヒットします。

・一般設定の URL が http に戻る
・.htaccess のリダイレクト処理が削除される
・JavaScript 置換の記述が削除される
つまり、Really Simple SSL で HTTPS 化を行ったらプラグインは外せない、ということですね。
WordPressを一瞬でHTTPS化するプラグイン「Really Simple SSL」の使い方


このプラグインが具体的に何をしてくれるのかというと、

ウェブサイトのURLを「https://」に変換(ワードプレスサイトのベースのURLを設定、)
「https://」URLへのリダイレクト(.htaccessに追記)
JavaScriptでリソースのURL「http://~」を「https://~」に変換
その他、「wp-config.php」にJetpack用に追記

//Begin Really Simple SSL JetPack fix
define( "JETPACK_SIGNATURE__HTTPS_PORT", 80 );
//END Really Simple SSL
//Begin Really Simple SSL JetPack fix
define( "JETPACK_SIGNATURE__HTTPS_PORT", 80 );
//END Really Simple SSL
こんな感じで頭に追記されます。
「ワードプレス」で行う最も簡単なSSL設定にはプラグイン「Really Simple SSL」がオススメ - WPワークス


・WPの設定の一般設定の URL を httpsにする
・.htaccessで、httpからhttpsへのリダイレクト
・javascriptなどの読みこみのURLをhttpsに変更
・Jetpack用に.htaccessに記述

まとめるとこんな感じでは?と思います。
自力で同じことをやったほうがプラグインに縛られなくてよさそうに思いますが、どうなんでしょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。