「悪質なスパムの手動ペナルティ」で再審査申請して、解除してもらった話

悪質なスパム
このサイトのページは、自動的に意味不明な内容を生成したり、クローキングや他のウェブサイトからコンテンツを無断でコピーするといった悪質なスパム テクニックを使用したりしているか、その他の Google のウェブマスター向けガイドラインに大きく違反しているようです。


できるかぎり情報を書いておきますので、内容の正しさはわかりませんが、すこしは検証材料にはなるかなぁと思います。
blog.z0i.net(当サイト)が、手動ペナルティになっていることがわかりました。

その後、検索で調べて中古ドメイン疑惑を持ち、z0i.netをウエブマスターに登録してみたら、初めから手動ペナルティを受けていました。

以前の所有者に対するペナルティだと私は判断しましたが本当のところはわかりません。

・購入したドメイン: 最近ドメインを購入し、そのドメインが購入前に Google のガイドラインに違反していた可能性がある場合は、最近サイトを取得したことと、そのサイトが現在はガイドラインに準拠していることを再審査リクエスト フォームでお知らせください。
再審査リクエスト - Search Console ヘルプ


ドメインの過去の使用状況については、「Internet Archive: Digital Library of Free Books, Movies, Music & Wayback Machine」ですこし分かるかとは思います。

当ブログの記事は一部修正してますが大きく変更はしていません。時系列と合わせてみればある程度は元の記事もわかるかと思います。

運営開始から1年あまり、10数記事しか書いてなかったこともあり、アクセス数などを全く気にしておらず、そのためインデックスされていないことに全然気づいていませんでした。



それから1週間たちましたが、状況は改善しませんでした。普通ならFetch as Googleをすれば最短で1〜2時間でインデックスされるはずなのに。。。
こんなにインデックスされないのはおかしい。さすがの私も他に原因があると気が付きました。


このブログはまだページ数も少なく、当然ですがコピーだのクローキングだのそんなことはまったく行っていません。ということは考えられる理由は、ただ一つ。以前にこのドメインで運営していたサイトが悪質サイトだったということです。
マジか!?このサイト、インデックスされてなかった…|いちごあじ


私自身は、上記事例に近いのではないか?と考えています。

追記:2015/5/26
申請2回で、約1か月かかって、解除されたように見えます。

手動対応は、手動で解除可能だということで
その発動は、たぶん機械的にやっている可能性が高そうに個人的には思いました。

時系列

このドメイン(z0i.net)の話です。
1回目の再審査申請
2015/2/15ドメイン取得
4月末blog.z0i.netをWordpressで構築してみる
2015/4/294記事公開した時点で、ウェブマスターツールに登録する
2015/5/8サイトマップ13件送信しているが、1件もインデックスされていないのに気付く
2015/5/9手動による対策のところを見ると「サイト全体」「悪質なスパム」となっているのに気付く
2015/5/9よく考えないで、反論をかいて、再審査申請する
2015/5/10少し落ち着いたので、対策らしきことをして、実際にやった作業をかいて、また再審査申請する
2015/5/103記事追加してみる 
2015/5/11ルートドメインのz0i.netを登録しみると、手動ペナルティになっていた
2015/5/11前所有者のペナルティーではないか?ということで、z0i.netに対して再審査申請してみた
2015/5/16夜朝見たときは解除されてなかったが、夜見るとz0i.net、blog.z0i.netとも解除されていた。
2015/5/17site:blog.z0i.net をしても件数は0件のまま
2015/5/18 再審査申請の結果のメールが来た
2015/5/18 z0i.netは、手動による対策のままに、blog.z0i.netは解除


z0i.netにコンテンツがないのが原因と考えて、z0i.netからblog.z0i.netへリンクを貼ると、2時間後ぐらいに、blog.z0i.net手動対応に逆戻り

2回目の再審査申請
2015/5/18 z0i.netは、手動対応のまま
2015/5/18 blog.z0i.netも手動対応に逆戻り
2015/5/18再審査申請 z0i.net、blog.z0i.net
2015/5/19再審査申請 blog.z0i.net
2015/5/21z0i.netのトップに、サイト案内のページを作成
2015/5/21再審査申請 z0i.net
2015/5/26 z0i.net、blog.z0i.netとも手動対応解除


z0i.netは、解除で
blog.z0i.netは、調整したというニュアンスのメールの内容でした。

・z0i.netにトップページだけHTMLで作成して、blog.z0i.netへリンクを貼った
・www.z0i.netをz0i.netに転送するようにした
・ウエブマスターツールで、z0i.netを「Fetch as Google」して、インデックスを送信した

判断材料に、Googleのサーバー側で持っているサイトのキャッシュ?で、判断しているのではないか?という部分があって上記のようにしました。

手動対応されていて、site:z0i.netでは確認できないが、Google側にデータが残っているかもと・・・。

落ちついて、確実に対応したほうがよさそうに思う

・何が原因だと考えたか?
・それに対してどういう対策をしたか?

人のことは言えないが、不当だとおもって反論だけ書くと多くの場合上手くいかなさそうに思うので、嘘でも上記の路線で文章を組み立てて、再審査申請をしたほうがよいと思う。

再審査リクエスト - ウェブマスター ツール ヘルプ

あと、日本語でOK。
再審査リクエストの処理にかかる時間と再審査リクエストで使うべき言語 | 海外SEO情報ブログ

こういうケースもある

「悪質なスパム」だとして手動対策が与えられたサイト管理者が、助けを求めてヘルプフォーラムに投稿した。
フォーラムメンバーの援助もあり、なんとか再審査リクエストに合格した。
ここまではよくある話だ。しかし、背景を知るとあまり見られないケースだったことが判明する



グーグル社員のTakeaki氏によれば、「クローキング」が理由だったとのことだ。つまり、Googlebotがアクセスしてきたときには、ユーザー向けとは異なるコンテンツを見せていたのだ。

ヘルプ記事を読むと、「悪質なスパム」の例として「クローキング」がたしかに挙がっている。
「近くの○○」検索が急増中。2011年から34倍に など10+4記事 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum


スパムサイトによるペナルティ解除の方法について - Google プロダクト フォーラム

もしかしてこれに該当するのかも?と思ったのですが、違うかなという気はしました。
ブログの記事と見た目を作業中で、時々サイト全体にパスワード(認証)をかけて、Googlebotにクロールされないようにしていたので・・・。でも、使用してなかったルートドメインのz0i.netにも手動ペナルティがかかっているので違うと思うのですが・・

「悪質なスパムの手動ペナルティ」の解除関係の情報

悪質なスパム - ウェブマスター ツール ヘルプ
手動対策ビューア: ペナルティ状態をGoogleウェブマスターツールでチェック可能に | 海外SEO情報ブログ

「悪質なスパム」の刑を受けた場合の対処
1.放置して自然解除を待ってみる
2.ドメインを捨てて新ドメインで再開
3.修正して再審査リクエスト(数日で復活する場合も)
GoogleWebmasterToolの手動対策「悪質なスパム」と自然解除の可能性 | アフリエイトエッセィ


中古ドメインが受けている悪質なスパムを解除申請してみる③!

「悪質なスパムの手動ペナルティ」が解除できないドメインが欲しい人もいると思う

本当に、Googleにインデックスされたくない人たちがいるようなので、そういう人たちに売れるんじゃないかなぁと思いました。

いや、ドメインの料金がちょうど上がる時期だってので、+2年分前払していたので泣くに泣けなかったのでそう思っただけですけどね。

本当に、人間が目を通してるの?!

Google 社員によるウェブマスターの豆知識、 今回は「再審査リクエストにまつわる 3 つの誤解」がテーマです。
1. 再審査リクエストを確認しているのはアルゴリズムではなく人です。
2. 再審査リクエストの対象となるのは、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反した場合のみです。
3. 違反箇所が残っていてはリクエストを送信していただいても意味がありません。
2012/04/27 : https://productforums.google.com/d/msg/webmaster-ja/5fjvqt38moo/rMtP-eHVOQMJ


古いですが、ちょっと興味深かったです。

1回目の再審査申請したときの文面

気が動転して、迷走してますが・・・。
blog.z0i.net分
■5/9
コンテンツは、全てオリジナルです。 また参考にしたソースに関しては、引用先も含めて明記しています。 それ以前に ソースのほとんどは、Wordpressの派生なのでGPLライセンスのはずです。 ほか、心当たりがないのですが・・・。
■5/10
・サイトマップを作成
・1ページのリンク数を見直す
・コンテンツの内容を分かりやすく、豊富にする
・ユーザーの利便性
・他のサイトとの差別化

上記の観点で見直しを行いました。
以下、修正箇所の簡単な概略です。

-----------
■見直して、修正したまとめ
-----------

http://blog.z0i.net/2015/05/paginate-links.html
・ソースの説明を加えて、理解が深まるようにした
・他の記事と似ているスタイルシートは削除して、リンク先を明示する形式にした

http://blog.z0i.net/2015/05/wp-thread-comments.html
・リンク先を減らして、読者に読みやすい形にしました
・日本語の補足を入れることにより、理解が深まるようにしました
・カスタマイズに必要な情報を日本語で追記しました

http://blog.z0i.net/2015/05/wp-sns-btn.html
・日本語による説明を増やしました

http://blog.z0i.net/2015/05/wp-to-top.html
・画像をいれて、分かりやすくしました
・日本語による補足を追加しました。

http://blog.z0i.net/2015/05/wp-pagination.html
・プログラムソースの内容を理解出来るように、日本語で補足をいれました
・カスタマイズ出来るように、日本語で補足をいれました。

http://blog.z0i.net/2015/05/wp-breadcrumb.html
・画像をいれて分かりやすくしました
・補足をいれて、記事の内容をより利用しやすいようにしました

http://blog.z0i.net/2015/05/wp-ogp-twitter.html
・画像をいれて分かりやすくしました。
・補足をいれました

http://blog.z0i.net/2015/05/post-excerpt.html
・リンク先をただ紹介するだけで無くて、説明をいれましした

http://blog.z0i.net/2015/04/wp-first-image.html
・リンク先を絞って、読者に分かりやすくしました。

--------

---------
プログラムソースの著作権は侵害しておらず、 参考にしているものは、リンク先を明示しております。 また、Wordpressの公開されているソースはすべてGPL派生です。 ハッキング等はされてないと思います。 コンテンツの質が低いために、スパムとの見分けがつかない、スパムと考えられるということと理解して対応しました。 しかし、そうでない場合は、もしよろしければ、なにが問題なのかお教えいただけるとありがたいです。

z0i.net分
■5/11
いつもお世話になります。
blog.z0i.netで手動対応が出たために、ガイドラインを見ながら対応させていただいているのですがどうもおかしいのではないか?ということで、中古ドメインのことを知りました。

前の所有者の影響で、手動対応されているのでしたら、所有者が変わったという点も考慮していただけるとありがたいです。

私がこのドメインを新規?に取得したのは、2015年02月15日頃だと思います。3年分契約してあります。 WHOISは、代理公開していますが、一時的に外すことは可能です。 Valuedomainさんで、日本の会社ですので、以前の所有者の国とは違うかとは思います。 レジストラは、お名前.comさんです。

手動対応の大まかな理由だけでも教えていただけるとありがたいです。 インターネットアーカイブで調べますと、過去にウイルス?のようなものを配布してた形跡があるようで、それで手動対応かつ検索に一切載せないようにされてるのかなと素人考えで推測しました。 今現在は、blog.z0i.netしか使用しておらず、そのようなものもありません。 以上、経緯をうまく説明できていませんが、対応のほど、よろしくお願いします。

2回目の再審査申請したときの文面

気が動転して、ますます迷走してますが・・・。
blog.z0i.net分
■05/18

解除された時点から、サイトのコンテンツは変わっていないと思います。
ただし、一旦解除されたあとに、 rel="nofollow" でz0i.netからリンクをはると、
「悪質なスパム」に戻りました。

z0i.netも「悪質なスパム」指摘されており、現在のページが1ページもないのが原因と思い、ユーザーの利便性を考え、またリンク操作で無いことを示すために上記方法でリンクをはりました。


z0i.netのドメイン所有者が2015/02/15から私になっており、前所有者とは関係ありません。
https://web.archive.org/web/20140103011552/【http://ドメイン/】
https://web.archive.org/web/20131206170921/【http://www.ドメイン/】

前所有者は、中国語を使ったサイトであり、現状のサイトは日本語をサイトであることから所有者が変更になったということが間接的に分かっていただけるかと思います。 コンテンツとしては、blog.z0i.netが現状のメインになっています。 3年間契約しているのですが、どうすればよいのでしょうか?"

■05/19

解除された時点から、サイトのコンテンツは変わっていないと思います。

ただし、一旦解除されたあとに、
rel="nofollow" でz0i.netからリンクをはると、「悪質なスパム」に戻りました。
関連があるかどうかは分かりませんが、それしか変化がありません。

z0i.netも「悪質なスパム」指摘されており、現在のページが1ページもないのが原因と思い、ユーザーの利便性を考え、またリンク操作で無いことを示すために上記方法でリンクをはりました。


z0i.netのドメイン所有者が2015/02/15から私になっており、前所有者とは関係ありません。

https://web.archive.org/web/20140103011552/【http://ドメイン/】
https://web.archive.org/web/20131206170921/【http://www.ドメイン/】

前所有者は、中国語を使ったサイトであり、現状のサイトは日本語をサイトであることから所有者が変更になったということが間接的に分かっていただけるかと思います。

コンテンツとしては、blog.z0i.netが現状のメインになっています。


rel="nofollow" でz0i.netからのリンクが問題だと考え、nofollowのリンクを外しました。

z0i.net分
■5/18

「無断複製されたコンテンツ(自動化された手法)」について確認しましたが、指摘された時点ではページが1ページもありませんでした。
サーバー内を確認しましたが不審なファイル等もありませんでした。


品質に関するガイドラインを確認しましたが、1ページもないことが問題であると考え、ユーザーの利便性を考慮し、blog.z0i.netヘリンクを作成しました


現状、www.z0i.netを利用していませんが、 http://www.z0i.net を http://z0i.net/に転送するようにDNSの設定を見直しました。


z0i.netのドメイン所有者が2015/02/15から私になっており、前所有者とは関係ありません。
https://web.archive.org/web/20140103011552/【http://ドメイン/】
https://web.archive.org/web/20131206170921/【http://www.ドメイン/】

前所有者は、中国語を使ったサイトであり、現状のサイトは日本語をサイトであることから所有者が変更になったということが間接的に分かっていただけるかと思います。 コンテンツとしては、blog.z0i.netが現状のメインになっています。

■5/21

Googleに、前所有者のwww.z0i.netがインデックスされているようで、これが「悪質なスパム」の判定材料になっていると思われるため、

DNS設定で、www.z0i.netをz0i.netに転送するように設定を見直すとともに、
z0i.netのトップに、サイト案内のページを作成しました。


z0i.netのドメイン所有者が2015/02/15から私になっており、前所有者とは関係ありません。

https://web.archive.org/web/20140103011552/【http://ドメイン/】
https://web.archive.org/web/20131206170921/【http://www.ドメイン/】

前所有者は、中国語を使ったサイトであり、現状のサイトは日本語をサイトであることから所有者が変更になったということが間接的に分かっていただけるかと思います。


もともと、blog.z0i.netが手動対応されていたことで、中古ドメインの問題をしり
z0i.netの手動対応されているのを知りました。

z0i.net - 手動対応解除されないまま
blog.z0i.net - 手動対応解除

z0i.netが適切に利用されていないため、手動対応が解除されてなかったようですので、DNS設定を見直し、ユーザーの利便性を考えたトップページを作成しました。

しかし、トップページから、blog.z0i.netへリンクをはると、数時間?後に解除された手動対応が、また「blog.z0i.netが悪質なスパム」判定されている現状です。

こちらの手動対応を解除できないと、連鎖的に波及するように思います。


・z0i.net
・blog.z0i.net

ともガイドラインをよく読み、該当箇所をできるだけ洗い出して、ユーザーフレンドリーにしてコンテンツとしては質があがっていると思うのですが、「悪質なスパム」に該当する部分が分からない状態ではあります。

z0i.net ->趣味でやっている素人の人がつくるトップページ
blog.z0i.net ->画像も自分で作成し、記事の内容も自分で作成しているブログ

手動ペナルティ関連の気になった情報

再審査リクエストの送信手順とガイドライン違反の手動対応が解除されるまでの流れ | TechMemo
手動ペナルティを受けて1年6カ月後の検索順位とアクセス数|フクポン
6回の再審査リクエストで手動によるスパム対策の取り消した例 | Googleペナルティ解除への道
低品質コンテンツの手動ペナルティ(再審査リクエスト)ツイートまとめ - Togetterまとめ
「実質のないコンテンツ」Google手動ペナルティーを4日で解除した方法 - 鴨野隼人 x 午後OFFライフ
毎日感謝のコメントが多数寄せられるサイトが手動ペナルティに!Googleに再審査リクエスト送信中 | ネットビジネスで起業したスイクンのブログ
新規取得したドメインが期限切れ中古ドメインだったことが判明 | パシのSEOブログ
[SEO] 中古ドメインへのGoogleペナルティ適用は永久ではない ::SEM R (#SEMR)

原因や状況は違いますが、検索で調べたときに気になったものです。

関連記事

「悪質なスパムの手動ペナルティ」関係の話

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。