BloggerからWordPressに引っ越した時に使える .htaccessの設定例

?m=0,?m=1をリダイレクトする

RewriteEngine On
RewriteCond %{QUERY_STRING} ^m=1$
RewriteRule ^(.*)$ /$1? [R=301,L]
RewriteCond %{QUERY_STRING} ^m=0$
RewriteRule ^(.*)$ /$0? [R=301,L]

参考:
.htaccess - Blogger To WordPress Migration Issue - Stack Overflow
How To Remove “?m=1” And “?m=0” From WordPress Posts URL? - EXEIdeas – Let's Your Mind Rock

Wordpress側でm=0は使われているような感じなので、上記のように書かないとエラーになってうまく動作しません。


Feed(RSS)をリダイレクトする

#ATOM Feeds
RewriteRule atom.xml feed/atom/ [L,R=301]
RewriteRule feeds/posts/default feed/atom/ [L,R=301]
#RSS FEEDS
RewriteRule feeds/posts/default?alt=rss feed/ [L,R=301]
RewriteRule rss.xml feed/ [L,R=301]
#Comments Feed
RewriteRule /feeds/comments/default  comments/feed/  [L,R=301]
RewriteRule /feeds/comments/default?alt=rss comments/feed/  [L,R=301]

参考:
A Comprehensive Guide for Importing Blogger to WordPress

RSS(feed)をWordpressのURLにリダイレクトします。これで、RSS購読などをしている人は、変更せずにそのまま購読できます。

アーカイブのリダイレクト

#Redirect archives
RewriteRule ^([0-9]{4})_([0-9]{1,2})_([0-9]{1,2})_archive.html$ $1/$2/ [L,R=301]

参考:
A Comprehensive Guide for Importing Blogger to WordPress

Bloggerのアーカイブを、Wordpressのアーカイブに変換します。

Redirect permanent	/2016_08_01_archive.html	http://blog.example/2016/08
Redirect permanent	/2016_09_01_archive.html	http://blog.example/2016/09

最初の方法でちゃんと動作するはずですが、うまくいかないとかなら、1個ずつ個別にリダイレクトするように書いてもよいかも。
Bloggerの場合、アーカイブの2ページ目以降はnoindexがついているので1ページ目だけリダイレクトしたら問題ないことが多いと思う。

ラベルのリダイレクト

#Redirect labels/categories
RewriteRule ^search/label/(.*)$ category/$1/ [L,R=301]

BloggerのラベルをWordpressのカテゴリーにリダイレクトします。
カテゴリー名とかが変更した場合は、アーカイブと同じく、1つずつリダイレクトするように書けばよいかと思う。

記事のパーマリンク


/%year%/%monthnum%/%postname%.html

BloggeのURLと同じ形式にしたいばあいは、Wordpressでは、設定の「パーマリンク設定」で上記のようにすればOKです。
ただし、postnameは前記事で一意(ユニーク)でないとダメです。

blog-post_07.htmlみたいなURLは、年月が別でも同じだとダメだということです。
重複するものは、Wordpress側で変更する必要があります。

PV数が多い記事、収益の多い記事のURLは変更しないほうがお得だと思うので、それ以外をなるべく変更するようにしたほうが良いと思います。

記事を別のURLにリダイレクト

Redirect permanent	/2016/08/blog-post_07.html	http://blog.example.com/2016/08/blogger-test-case.html

個別記事のリダイレクトは、上記のように書きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。