【書籍レビュー】WordPress 仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書

サイト運営

・エンジニアよりもデザイナー向けにかかれていると思う
・素人でも、この本の知識だけで、簡単なコーポレートサイトとか作れると思う

「特定のテーマを使うとか、プラグイン使いまくり」とかそういう系統の本が多い中で、ごまかしなしのちゃんとした本だと思います。その手の本で満足できなかった人におすすめです。Amazonのレビュー通りだと思います。


CHARPTER2で、1から基本的なテーマの作成を行っています。Wordpressのテーマ作成したい人にも良い教材だと思います。
CHARPTER4で、固定ページのテンプレートファイルの作成とかもやっています。
CHARPTER5で、カスタム投稿タイプの追加、カスタムタクノミーの使用などで、ありがちなカスタマイズの参考になるかと思う。
CHARPTER6で、Wordpressの管理画面系のカスタマイズ
CHARPTER8で、ショートコード(&プラグイン)の作成

こんな感じの内容です。本格的なプラグインの作成とかは無理だけど、Wordpressでサイトをデザインするのには十分な内容になっているかと思います。
巻末に「PHPの基礎」が載っています。PHP苦手な人は巻末の10ページぐらいの内容が理解できれば、PHPが触れるようになると思います。



この本、 大型本で厚みもあるので、もち運びにはあまり向かないと思う

エンジニア向きなのは・・



参考:【書籍レビュー】エンジニアのためのWordPress開発入門 – ブログ運営のためのブログカスタマイズ

プラグイン作成したいとかDBをがりがり触りたいとかはこっちだと思う。
スポンサーリンク