【CSS】ブログに「Twitterの埋め込み」をしたあと、削除された場合の表示について

■ツイート削除される前
 Twitter埋め込み機能のCSSが適用される
■ツイート削除された後(または非公開の時)
 ブログに定義されているblockquote のCSSが適用される

こんな感じになるようです。

削除(非公開)用のCSSを用意してあげると、見た目がそろうかも

<blockquote class="twitter-tweet twitter-tweet-error">
ツイート内容(引用した内容)
</blockquote>

ツイート削除された後は上記のような感じになっているので、上記の場合に適用するCSSを書いておけば良いかと思います。

blockquote.twitter-tweet-error{
  border: #e1e8ed 1px solid; 
  border-radius:6px;
  margin:  8px 0; 
  padding: 30px 18px;
  max-width:500px; 
}

この記事と同じものだと、こういうのですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。