ムームードメインの移管費用(更新)が少し安いので、移管してみた

注意:移管後の2年目からの料金は通常価格です
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

ムームードメインに移管

移管前のチェック項目
・認証コード(AuthCode)はお手元にありますか?
・取得してから60日以上経ってますか?(移管したあと60?日以上たってますか?)
・有効期限が15日以上ありますか?
・管理業者によってドメインがロックされていませんか?
・有効期間が9年を超えていませんか?
・Whois情報公開代行の解除
・Whoisに登録されているメールアドレスが使えること

移管申請前に良くチェックしてくださいね。
私はドメインロックを外すのを忘れて移管申請してしまいました。こうなると、移管が失敗するまでどうすることもできないんですね。失敗してから再度、申請することになります。

たしか記憶では、移管後は45日(60日?)は他社に移管できないという制限があったと思います。だから移管してすぐに元のところに移管とかはできません。

実際に移管してみた
・移管元:バリュードメイン(レジストラGMO)
・移管先:ムームードメイン(レジストラGMO)

土日を挟んでいで数日で完了しました。はさまなければもっと早く終わった気がします。


移管申請は、ムームードメイン側で行います。


1年更新の費用が安いことが目的なので、本当にその価格なのかは確認しましょう。
どこにも書かれてないみたいなのですが、Whois情報公開代行の費用も無料でした。


Whoisに登録されているメールアドレスに、メールが来るのでメールの中のリンクをクリックして、上記のようなものに承認します。


これはバリュードメイン(移管元)からの確認メールです。

状況把握


移管完了までの流れ | ムームードメイン

手順なんですが、上記のヘルプが詳しいです。これに沿ってやっていけば間違いなくできます。


移管状況は、ムームードメインの管理画面からも確認できます。「5」とか数字で表示されるので、上記のヘルプをみてどういう状況かを把握できます。


料金は移管完了後で良いみたい

移管が完了すると、『 ムームードメイン 』 より移管費用のお支払を依頼するメールが送信されます。コントロールパネルより 『 各種お支払い 』 をお願いいたします。
入金締切日までに確認できない場合、ドメインがロックされHPが表示されなくなります。
移管完了までの流れ | ムームードメイン


Whois情報公開代行

移管が完了したら、ムームードメイン側の管理画面から、Whois情報公開代行の設定をしましょう。
移管が完了されるまでは、「公開代行」されてない情報がWHOISで表示されます。

WHOIS情報の変更・確認方法 | ムームードメイン

ネームサーバーとDNSレコードも忘れずに変更

・移管が完了するまでは、このあたりは(普通は)触れないので注意

例えば、移管元のバリュードメインのネームサーバーを利用してたら、移管後は使えなくなるので、ムームードメインのものに変更しましょう。
ネームサーバーをレンタルサーバーのものを利用していたら、何もしなくてもOKなはず。

移管元のネームサーバーを使っていて、DNSレコードを登録していた場合は、移管前にその内容をメモしておいて、移管後に、ムームーDNSのネームサーバーに変更して、DNSレコードに同じ内容を書くことになるかと思う。


ムームードメイン

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。