【WordPress 自作テーマの作り方】ウィジェットを追加できるようにする sidebar.php【005】

Twenty Twelve — 無料の WordPress テーマ

上記のテーマの sidebar.php、functions.phpを参考に型枠を作ります。

sidebar.php

<?php if ( is_active_sidebar( 'sidebar-1' ) ) : ?>
<div id="secondary" class="widget-area" role="complementary">
    <?php dynamic_sidebar( 'sidebar-1' ); ?>
</div><!-- .widget-area /#secondary-->
<?php endif; ?>

関数リファレンス/is active sidebar - WordPress Codex 日本語版
関数リファレンス/dynamic sidebar - WordPress Codex 日本語版

sidebar.phpにウィジェットを配置したい位置に上記のようなコードを埋め込みます。「sidebar-1」で識別していて、フッターとかそういう場所にも配置したい場合は、footer-1みたいに識別名をべつにして似たようなコードを書けばOKです。

functions.php

add_action( 'widgets_init', 'my_template_widgets_init' );
if ( ! function_exists( 'my_template_widgets_init' ) ) :
function my_template_widgets_init() {
    register_sidebar( array(
        'name'          => 'メインサイドバー',
        'id'            => 'sidebar-1',
        'description'   => 'メインサイドバー',
        'before_widget' => '',
        'before_title'  => '

', 'after_title' => '

', ) ); } endif; // if function_exists

関数リファレンス/register sidebar - WordPress Codex 日本語版

functions.phpにも上記のようなもを追加する必要があります。「 'id'=> 'sidebar-1'」の部分が、先ほどの識別名と同じにしてください。

この状態で、Wordpressの管理画面の「外観」->「ウィジェット」をみれば、メインサイドバーという名前で、ウジェットを追加できる領域が出来ているのはわかるかと思います。
よく理解できなくても、定型文だとおもってコピペすればOKだと思います。

関連のある記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。